2013年07月08日

BMW E90 320i CAN信号系異常修理 

かなりのご無沙汰です。

久しぶりに苦労した修理があったのでレポートします。

車はBMW E90 320i 比較的新しい車なのですが、走行中エンジンやミッションに始まり
DSC(ABS)など色々な警告灯が点灯しメーターも動かなくなると言う症状でした。

DVC00809.JPG

症状がでると、すぐわかるのですが、症状が出ない時は全然でない困った故障でした。

一度、症状が出るとパワートレイン系にCAN信号異常の故障コードが入り
症状が出ると、毎回同じ故障コードが入っていました。

DVC00810.JPG

PT-CAN(パワートレイン系CAN)の配線図を確認してみると、
すべてのPT−CAN信号はジャンクションボックスエレクトロニクス(JBE)に入ってるので、
相談後にJBEをまずは交換することにしました・・・が、コーディングが終わり走った途端に、再発!

CAN信号系の配線の同通などは確認済みだったのですが、再、再度チェックをすることにし
バラバラにしながら配線をチェックしました。

すると、ほんのチョット擦れている配線の束を発見! 束をバラしてみるとありましたCAN信号線!
擦れてショートしていました。 無駄な出費をさせてしまいましたが、何とか原因を見つけることができました。
 
恐らく、他のE90系の車でも配線の取り回しが同じなので、車検などの入庫の際には、
要チェックしたいと思います。


posted by maniacar at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

MB SLK230 R170 ブレーキランプ点灯不良修理

今日はもう一つ!
ベンツ R170 SLK230のレポートです。
ストップランプが点灯しなくなるとの事でお預かりしました。

早速、テールランプを外し、電球ソケットを確認してみると、やはり接触不良が…
今回も、配線加工してみました。

DVC00738.JPG

写真のテールランプ上側がノーマルで下が加工済みのものです。

ノーマルの配線通り、電球ソケットに配線を追加しただけですが、効果バッチリです。

ついでにフォグランプも球切れ!
こちらはランプ内に水が入り切れてしまったようなので、

DVC00740.JPG

こちらも一度ばらして、乾燥させた後、コーキングを使用して組み付けました。



posted by maniacar at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォード エクスプローラ LED対応ウインカーリレー製作

久しぶりの更新です。 

今日はフォード エクスプローラの整備レポートです。

ウインカー球を前後ともLEDバルブに交換したため、点滅スピードが速くなってしまいました。
そこで、抵抗を入れてと思ったのですが、リレー側にて対処することにしました。

抵抗を入れてしまうと、発熱するし電気は食うしでメリットが無いですもんね!

早速、電子部品を買いに埼玉パーツへ!
部品を買いに行くときはいつもここで調達しています!

が抵抗の少ない可変抵抗がなく、とりあえず50オームの可変抵抗で対応しました。

早速、車からウインカーリレーを外し、元々の固定抵抗から、可変抵抗へ交換。
奥まった所にリレーが付いているので、配線を伸ばし後から調整できるようにしました。

DVC00741.JPG

いきなりですが完成写真です。 作業途中を撮り忘れてしまいました。

DVC00742.JPG

DVC00743.JPG

後からチョイチョイと調整できるように、伸ばしておいたのですが、調整幅が狭くてあまり意味が無かったかも…

取り付けの後は、点滅もノーマルに戻りこれで車検もOKです。
posted by maniacar at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

フェラーリ 360 マフラー共振カラカラ音修理

お盆休みも終わり 本日より営業再開致しました。

本日のレポートは先日作業しました フェラーリ360のレポートです。

オーナーさんから、マフラーがカラカラうるさいので何とかならないかな?

と車をお預かりいたしました。

エンジンが冷えたころ、エンジンを始動して徐々に回転を上げていくと

丁度、3500回転くらいのところで、共振が始まり、エキゾーストシャッターが暴れまくっていました。

DVC00691.JPG


本来ならば、マフラーに重りを取り付け、共振する所をずらせばよいのですが、

さすがにスポーツカーに重りは要らないだろう!との勝手な自分の判断で、別の方法をとりました

この方法だと、完全に音を消すことは出来ませんが、小さくする事は可能だろうという事で

作戦実行! その方法は、バルブ自体にスプリングを組み込み、共振発生時にバルブが暴れないようにいたしました。

DVC00689.JPG

数種類のスプリングを試しながら、何とか共振時にでも、暴れないように出来たので、

乗ってもらうことにしました。

後日、様子を伺ってみます。 ちゃんと消えてればいいなぁ〜


posted by maniacar at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

E46 BMW 320i エアコン修理

今日はBMW E46 320iのエアコン修理レポートです。

エアコンが効かないとご来店いただきました。

早速、車をお預かりし、圧力を調べてみると、低圧も高圧も同じ圧力

微かに低圧側が低いかな?という程度でした。

エアコンコンプレッサーを見てみると、一度交換してありそうなキレイさ!

あるメーカーのリビルト品が使用されていました。

原因を調べるためにバラしてみると…

DVC00682.JPG

バルブが折れてバラバラに! また、破片が回りピストンも

DVC00683.JPG

たたかれて変形したピストンが動いたのでシリンダーも

DVC00684.JPG

どれも再使用不可能なので、アッセンブリ交換になります。

交換するコンプレッサーはリビルトではなく新品を使用します。
金額はリビルト品と大差ないのでご安心を!

その他、レシーバードライヤ交換やラインの洗浄など行い完了いたしました。

ガスチャージの際 液体のまま低圧からバンバン入れると(サービス缶をさかさまでチャージ)、この様な壊れ方に… チャージしてもらう時はチェックしましょう!


posted by maniacar at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

プジョー306 電動ルーフ 作動不良修理

今日はプジョー 306 電動ルーフの作動不良修理レポートです。


動かないとの事でお預かりしました。
早速スイッチを入れてみると、ポンプの作動音はするものの、ちっとも動かず…

音を頼りにポンプを調べてみると、ハイドロリックオイルが入っていませんでした。
オイルを少し補充し動かしてみると、オイルが噴出している音が…

調べて見ると、油圧ホースよりオイルがジャジャ漏れでした。

DVC00666.JPG


早速、部品を調べてみると全ホースのセット販売しか設定がありませんでした。
しかも、高い! そこで、ホースを製作してもらうことに

外したホースからフィッティングを取り外し、そのまま業者さんへお願いいたしました。

DVC00674.JPG

純正の布製メッシュホースからステンレスメッシュホースに強度をあげて、純正と同じようにホースの周りに被覆があるものでお願いいたしました。

DVC00675.JPG

ホースを取り付け、オイルを補充し動作確認!
ん〜完璧です! 
電動ルーフっていつも動いているのを見ていると、よく考えたなぁ〜と関心しますね!


posted by maniacar at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

トヨタ ハイエース ベルト鳴き?修理

今日は トヨタ 200系ハイエースの修理レポートです。

アイドリング中、キリキリ ベルト鳴きしているから見て欲しいとご来店いただきました。

早速、シートを持ち上げベルトの張り具合を見てみると、少しゆるい?かなぁ? と言うくらい

車は預けていくとの事で、エンジンが冷えてから再度調べてみました。

ベルトもテンショナーも特に問題が無いので、一度ベルトを外し調べてみると

ベルト鳴きと同じ音がするプーリーを発見!

オルタネーターのワンウェイクラッチ付きプーリーでした。

DVC00672.JPG

以前は、特殊工具が必要で外すことさえ出来なかったのですが、故障が多いのか

六角で回せるように変更になっていました。

DVC00671.JPG

これで、電装屋さんやリビルトパーツに頼らなくて済むようになりましたね!


posted by maniacar at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

ポルシェ カイエン AT滑り修理

今日は ポルシェ カイエンのオートマ 変速不良修理のレポートです。

変速がおかしいと車両をお預かりしました。
早速、テスターにて故障コードを読み取ると

スピードセンサー不良 が入力されていました。

ただ一度消去してからすぐに入力がないので、一時的なもの?と思いながらも
説明をして部品注文いたしました。

なんと国内欠品との事で、本国オーダーになり、一度車をお返ししました。

約一ヶ月ぐらいで再入庫してもらい、テスターをつなぐも 車を動かしていなかったのか
故障コード入力なし… とりあえずセンサーを交換する事にしました。

バルブボディーASSYを外さないとセンサー交換できないため、まずはストレーナーを外すと
オーリングが真っ二つ!に切れていました。
恐らく、ここからエアーを吸い込んでしまい調子が悪かったのかと…

DVC00669.JPG

念のため、センサーも交換し明日テスト走行予定です。

DVC00670.JPG

posted by maniacar at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

C26 日産セレナ バックドア オートクロージャー取付

日産セレナ C26 バックドアにオートクロージャーを取り付けしました。

部品は同じセレナの別グレードの物を流用して取り付け

用意した部品は ロックと配線とユニット


DVC00656.JPG

純正部品以外にもリレーやナットなど使用しました。

部品の取り付け自体は簡単!
外して、付けるだけ! すべて純正なのでクリップ位置なども合っているので楽チンでした。

問題は、電源が来ていない事と、オープナー信号が違うこと

オープナー信号は、ユニット側で配線をカットしてリレーで極性反転して完了


DVC00658.JPG

電源は、コンソールボックス奥の集中コネクターでスライドドアの配線から分岐して結線しました。

前から後ろまで純正で配線が元々あったので、思っていたより簡単に終わってよかった!
posted by maniacar at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

MB MB W230 SL55 ATF漏れ修理

今日は、MB W230 SL55 のオートマオイル漏れ修理レポートです。

722タイプのミッションの泣き所といえば、コネクター部分からのオイル漏れ
今は対策部品があるので、早めの交換がお勧めです。

今回は、コネクター交換の他にも、オイルパンを外しフィルターも交換しました。

IMG_0712.JPG

IMG_0711.JPG

IMG_0710.JPG

オイルも結構汚れていました。
外したオイルパンは、ごみが残らないように、完璧に掃除しました。
本来ならば、中に入っている磁石も好感するのですが、今回は掃除して元に戻しました。

コネクター部分のオイル漏れは、漏れ以外にも、配線の中をオイルが伝いコンピューターを壊してしまうこともあるので、注意が必要です。 

組み付け後、テスターにてオイル温度を確認しながら、入れ替え、補充して完了しました。


posted by maniacar at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする