2011年03月05日

トヨタ タンドラ 板金修理

トヨタのでっかいタンドラ!
板金作業が着々と進んでおります。

リヤ クォーターを外すため、まずはリヤボディーをずらしました。
持ち上げて、運べばいいのですが、大きくて置くところが… なので、フレームの上での作業になります。

IMG_0596.JPG


IMG_0597.JPG

スポット溶接を取り、何とか外すことができました。

まぁ〜 一つ一つの部品が大きいので大変です。
posted by maniacar at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

トヨタ タンドラ 板金 修理

残念な事に、追突されてしまたトヨタ タンドラのレポートです。

逆輸入のタンドラなのですが、追突されてしまい、
後ろが… 勢いで、車が押されてしまったらしく
前までもが… 結構曲がってしまっています。


IMG_0528.JPG

修理自体は問題なく出来るのですが、問題は部品です。 町の部品屋さんでは、手配できないので、直接アメリカへの注文になります。



そうして、部品が届くと…

IMG_0529.JPG 工場の一角が部品で埋まってしまいました!


物凄い量ですが、修理箇所も前後なので仕方ないですね。



困った事に、届いた部品の中には、扱いが悪く曲がっている物も・・・  


新品部品ですが、修理してから使います。 


posted by maniacar at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

エアロパーツ 取り付け

本日は、エアロパーツの取り付けのレポートです。

合ってそうで、中々合わないのが、FRP製の社外エアロパーツでしょうか?
今回も、同じく仮合わせをしながら、加工をしてみました。


IMG_1393.JPG

この状態では、マスキングテープのところに隙間が空いてしまっています。 そこで、この隙間を埋めるために、FRPと粉を混ぜパテ状にしたFRPを隙間に埋めていきます。





IMG_1400.JPG

パテ状の物を塗り込んだ裏側がこちらの写真です。

この、形状に合わせて、再度FRPやファイバーパテを使い成型していきます。




IMG_1398.JPG


表側はこの様に…

全体的に低く、ラインが合っていなかったので
盛り付けてあります。
今回は、少しですんだので良かったのですが、段差が多い時には、マットやクロスを再度貼り付ける場合もあります。





とりあえず今日はここまで…
今は成形も終わり 下塗り塗装中です。

後日完成したら、またご報告いたします。

posted by maniacar at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

クラウンエアロ加工 完成!

先日 加工途中をレポートしたクラウンですが、完成したので、お披露目です。


IMG_0665.JPG



純正フォグランプから2灯式フォグランプへ変更
フォグランプもHIDへ変更! 
開口部には、網を追加してあります。




IMG_0661.JPG



ノーマル形状のサイドスカート後ろ側にダクトを追加
ダクト穴に網を仕込み、穴から見えるところは、黒く塗装してあります。




IMG_0662.JPG


リヤバンパースポイラーにもダクトを追加しました。
もちろん網も入っています。

加工も大変でしたが、隙間を合わせるのにも苦労しました。




IMG_0667.JPG

地上に降りるとこんな感じになりました。
ちょっと低すぎますね!でも 低い方が、格好よく映るんです!
posted by maniacar at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

クラウン エアロ加工2

昨日の続きで、エアロパーツの加工レポートです。

今日は、サイドスカートとリヤバンパースポイラーにダクトを追加したので、その作業レポートです。


IMG_0412.JPG


新品状態のサイドスカートです。
どのあたりにダクトを入れれば、ボディー側に当たらないかを検討しながらの作業になります。






IMG_561.JPG

位置が決まったところで、マーキング!
このマーキングに沿って切り出すので、左右同じ形にマーキングするのが大変です。 
色々なダクト形状がありますが、今回はこんな形状です。





IMG_0563.JPG

マークに沿って切れ目を入れて、壁を作れば、ダクトの出来上がり!
簡単そうですが、実際は大変です。
この後、FRPで補強をして、表をパテで成形するのですが、小さいダクトでは、成形も大変!





IMG_0566.JPG

パテ盛りをして、これから綺麗な形状に成形します。
この後、ダクト部分に穴を開けて塗装!
裏から網を貼り付ければ、完了になります。
posted by maniacar at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

クラウン エアロ加工1

今日は、今も作業している、クラウンのエアロ取り付けと加工のレポートです。

新品のFRP製エアロパーツなのですが、オーナーさんよりフロントのフォグランプを社外のフォグランプにしたいと要望があり加工してみました。

IMG_0410.JPG

写真では大体出来上がってしまっているのですが、
最初のフォグランプの部分を大きく切り取り、新しいフォグランプに合わせてステーごと貼り付けてあります。





IMG_0411.JPG



その裏側はこんな感じ!
FRPのステーごと再度FRPにて固定しました。





IMG_0569.JPG

隙間や高さの合わない所は、一度仮組みをして
少ないところは削って合わせ、広いところはパテで成形をして合わせてあります。

中々ピッタリ取り付けの出来る、社外スポイラーは少ないので、やっぱり苦労しますね!



「安く付けて!」とのお客さんでは、ここまで作業できませんが、しっかり付けて欲しいと言うお客さんには、時間は掛かりますが、頑張って作業しています。

次回は、ダクト追加作業の予定です。




posted by maniacar at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

エアロ加工

今日は、社外品のエアロ加工のレポートです。


あるメーカーのリヤバンパースポイラーなのですが、
車はマフラーが片側出しなのに対し、スポイラーの方は、両方出しの形状になっていました。

そこで、成型し片側出し仕様へ加工しました。

まず、大体良さそうなところで、カットし
その後、裏側に発砲スチロールの固いやつを
瞬間接着剤で固定し、デザインが合うように研磨
その後、FRPを貼り付け・パテ成型で完了となります。

写真は、FRPを張り、乾燥させている所です。

DVC00003.jpg
DVC00004.jpg











この後、サフェーサーなど下処理をし
下塗り、上塗り塗装後、取り付けて完了です。
posted by maniacar at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

エアロパーツ取付


DVC00026.JPG今日は、エアロパーツの取付についてのレポートです。
今回、フロントバンパースポイラーの取付にて入庫したのですが、車体と合わせてみた所、フェンダーとのラインや隙間、出具合が合わない事が判明!
そこで、削りながら合わせていくのですが、ただ削ってしまうと、FRP製のスポイラーがペラペラになってしまいます。そこで、裏側にFRPを追加補強し削って合わせていきます。
ただ、いきなり何層も張ってしまうと、元のスポイラーが歪んでしまうため、少しずつ補強しています。
最終的には、削った後でも、元の厚さを確保するため三枚を一組、1プライとして計6プライ位張り込んでいきます。 その後、細かい修正をパテなどで施し、下処理後、塗装、組み付けとなります。

posted by maniacar at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

スーパー7

先日、お預かりした ケータハムなのですが、ボンネットを外してみると、あちこちがピカピカ!
お客さんによると、あちこち換えてあるそうで、きれいな状態でした。覗いて見ると、アルミ製大容量ラジエターや追加オイルクーラー、なんとドライサンプまで、その他にも、点火系やブレーキ廻りも交換されてスゴイお金が掛かっていそうです。
今回は、フェンダーなどのFRPパーツの補修で入庫しました。 

200611282023000.jpg

FRP製フェンダーを止めているステーがパイプで出来ているのですが、ネジ止めの部分や、パイプステーの末端の部分からヒビが発生していました。そこで、ただ修理するのではなく、再発防止のために今色々と考えている所です。
一つは、ネジ穴の付近をFRPにて補強する方法。もう一つは、風圧の掛かる部分に裏側からアルミ板とFRPにて大きめに補強する方法です。
両者の違いは、補強がどの位必要か?だと思います。
通常ではこのようにならないとは思いますが、この車の場合フェンダーの取付位置を変更しているので、この様になってしまうのかも知れません。
posted by maniacar at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

シボレー・マリブ


シボレーマリブ
シボレーマリブが入庫しました。
マリブの入庫はこれで2回目。
前のはブルーメタのオープンカーでしたが、今回は真っ黒です。
エンジンルームなどはピッカピカで大切にしている様子がうかがえます。

60年代の車とあって、さすがに錆などが浮いてきてしまいます。今回は他の傷も気になるフェンダーを修理することにしたようです。
大変なのが一度塗装を全部剥がさなくてはならないこと。
剥離剤を使って鉄板をむき出しにします。
この車は過去に黒→水色→赤→黒と何度もオールペンしていました。塗装は厚かったですよ〜!!

やはり錆も大分出ているところがあって、錆落としと防錆処理。塗装をして完了しました。
やっと、きれいになりました。

写真は入庫時の写真です。

posted by maniacar at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 実録板金修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする