2017年11月17日

JEEP コンパス CVT異常修理

今日はJeep コンパスのCVT異常修理のレポートです。

いつもお世話になっている、同級生のブーブーワークスさんからのお仕事!

しばらく走った後、再始動して走ると、ギヤが固定されるという症状でした。
早速、テスターでエラー内容をチェックしてみると
アクチェーター異常の故障コード

整備書のコピーも預かったので、楽に作業が進みました
結果はアクチェーターの不良!

単品の部品設定は無いので、海外の社外品を注文してもらいました。

部品が来たので、早速バルブボディの取り外し!

9BEA685B-EBA3-4D6E-816E-E4486F68061B.jpeg

CF7EE9B9-0C2A-42B7-AB29-5D2DC14F440B.jpeg

アクチェーターを交換して、組み付けるのですが、プーリーを動かすレバーを
固定しなくてはいけないのですが、専用工具が無いので針金を使って固定!
それで上手くいきました! まぁ 何とかなるもんだ!


組み付け完了後 試運転!
戻ってからオイル量を調整して再度試運転

無事修理完了しました!

posted by maniacar at 20:07| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMW E90 DSC警告灯点灯修理 中古ユニット交換

今日はBMW E90 320i のDSC警告灯点灯修理のレポートです。

6972C04F-BB83-4B7E-BEBE-6650865B290C.jpeg


DSCの警告灯が点灯するとの事でお預かりしました。
早速、テスターで調べてみると
圧力センサー異常の故障コード

この頃のDSCやASCなど内部異常が多くユニット交換になる事が多いのですが
今回は圧力センサー異常との事で、修理可能なはず でした。

お客さんに外したユニットをお渡しして数日
届いたのは、中古ユニットでした。

早速、取り付け エア抜き完了後 テスターを繋いでみると
当然、車体番号不一致のエラー!

あれやこれややりながら
DSCユニット初期化などを行い何とかなりました。
最後にDSCセンサーや舵角センサーの同期や調整をして作業完了しました。

通常、プログラミングの際には、同期や調整がされるはずなのですが
何で今回は出来なかったのでしょう?

posted by maniacar at 19:46| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

BMW E90 M3 エンジンチェックランプ点灯修理

今日は、BMW エンジンチェックランプ点灯修理のレポートです。

BMW E90 M3のエンジンチェックランプが点灯したとの事でお預かり致しました。

11C79F29-3BBD-4DCB-B47D-C855B3E84FD1.jpeg

テスターにて故障コードを調べてみると、スロットルアクチェーターの故障

定番の故障コードでした。

以前では新品交換しか方法がなく、交換していたのですが、まず高い!

なので、今回は現物修理にて対応させて頂きました。

6A19A67E-22A1-4733-A03F-C3A2ABC532E3.jpeg


リンケージなどの動きが悪くなっても、原因になったりするので
ドライタイプの潤滑剤を使用しておきました。

問題は一度で治らなかった事
お客さんに迷惑掛けてしまいました。

同じことにならないように十分試運転してから納めたいと思います。
posted by maniacar at 20:08| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

マツダ タイタン DPF警告灯 修理

今日はマツダ タイタン のエンジン警告灯 点灯 修理レポートです。

いすゞ エルフと同じマツダのタイタンの車検でお預かりしたのですが、
エンジン警告灯とDPF警告灯が点灯していました。
お客さんに確認してみると、DPF再生をしてもしばらくすると又点灯するとの事

DPF交換になりそうですが、先に洗浄する事になりました。

まずは取り外し、エアーブローしてみると凄い!凄い!
大気汚染になるので、漬け込み洗浄する事にしました。

エンジンパーツなどを洗う物ですが、ヘッドのカーボンなども綺麗になる洗浄剤です。
8F534EEA-BBBE-4207-9BD8-F68770633D78.jpeg

70度にまで上げた温水で漬け込みました。
綺麗だった洗浄剤があっという間に真っ黒!

丸一日漬け込み、大量の水で洗浄剤落とし、
圧力センサーパイプなども同時に洗浄。

洗い終わると
8858599F-447A-4940-9B6F-85968D678391.jpeg

E4B33D5B-2D0C-46F9-BF7E-DFAE96971354.jpeg

あら綺麗!

元に戻し、エンジンを掛けて強制乾燥!
これで様子を見て頂くことになりました。

試運転してみると、吹け上がりがすごく良くなっていました。
お客さんはもっとわかるんじゃ無いかな?


posted by maniacar at 14:00| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

トヨタ アルファードハイブリッド ハイブリッド異常修理

久しぶりに更新です。

今日はアルファードハイブリッドのハイブリッド異常修理です。

チェックランプが点灯し入庫してきました。
初期型のアルファードです。
早速点検してみると
オルタネータからの水漏れ
コンバーターの内部異常
バッテリーと問題だらけのアルファードでした。

新品の部品は高額なため、中古部品を使用しての修理になりました。
問題はバッテリー!
アッセンブリーではなく、今回バッテリーセルの交換をしました。

0E4301EE-D7EE-49DD-B8C2-2B6D5F51663D.jpeg

アッセンブリーの中には30個のバッテリーセルが入っていて
どのセルが異常なのかが分からなかったので、セルひとつずつ電圧を測ってみました。

電圧の低い物を選んで、一度交換し、始動してみると
今度はバッテリーブロック4の異常が入りました。
そこで、再度分解してブロック4のバッテリーセルを交換して
再度チャレンジ!

無事に充電も始まり、テスターにてチェックして故障コードも入らないので、これにて終了。
結構時間が掛かりました!

B57A2A09-3763-4840-9A0A-31D53B11C27F.jpeg

posted by maniacar at 20:13| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

BMW E90 LEDバルブ 点滅 修理

BMW E90 ライトチェック回避 コーディング

本日、2回目の更新は、LEDバルブに交換されたBMW E90のレポートです。

車検で入庫した3シリーズなのですが、イカリングやフォグランプ、ナンバー灯が
LED球に交換されていました。

IMG_0502.JPG

そのために、エンジンの始動時など交換されたLED球が点滅してしまい
クリスマスツリーの様になっていました。

走行中にも時々点滅するので、これでは車検がNG!
対策することにしました。

以前であれば、抵抗などでごまかしていたのですが、
抵抗自体が発熱し、焼き切れるなどの故障が多いため、最近では使用していません。

代わりに、プログラミングをしてしまいます。

この車の場合、球切れ警告灯が付いているのですが、それが機能しているので、
チェックするたびに電気が流れて、少しの電気でも点灯するLED球に変えると
点灯してしまうのです。
なので、その機能を変更して、LEDバルブに替えた場所だけチェック回避しました。

これでキャンセラー無しのLEDバルブでも、警告灯はつかないし、点滅もしません。
が、切れても教えてくれないので、時々自分でチェックが必要です。


追伸

現在 、テクノオートサービスでは、一緒に働く仲間を募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。 一緒に修理を楽しみましょう!

メール または電話にて
info@techno-auto.jp
048-812-8860
お待ちしております。
posted by maniacar at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ プリウス 30系 アイドリング不良修理

今日は、トヨタ 30系プリウスの修理レポートです。

エンジン アイドリング不良との事で、入庫しました。
テスト走行は特に問題無いのですが、信号待ちでエンジンがかかっている場合
ラフアイドルでミッションからも異音が出るような状態でした。

早速、診断機をつないでチェックして見たのですが、故障コードも入力されていませんでした。

メンテナンスモードにてアイドリング状態にして、データーを確認しながら
調べていくと、EGRに不具合がありそうなので、外して点検してみました。

するとバルブが完全に固着して開きっぱなしの状態に!

念のため、清掃をして動作チェックをしたのですが、動きが渋く再発の可能性が大なため
部品交換になりました。

IMG_0501.JPG

届いた部品は品番が代わり、ハーネスの対策も必要との事で、一緒に作業しました。

交換後はエンジンもスムーズにアイドリングし無事に完了となりました。
posted by maniacar at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

BMW Z4 E87 ハードトップ不良修理

今日はBMW Z4 E87のハードトップ 作動不良のレポートです。

ハードトップが動かなくなってしまったとの事でお預かり致しました。
トランクを開け、カバーをめくると 原因発見!

カバーの下は、お風呂の様になっていました。

まずは、雨漏れの箇所を調べてみると、ちょっとホースで水を掛けただけで
大量の浸水!
とりあえずリヤバンパーを外した所、エア抜きのダクトを
止めているブチルテープが硬くなっていて、そこからの侵入でした。
こちらは、コーキングにて固定しました。

その後、水により壊れてしまった、ハイドロリックポンプ
とリレー、ヒューズボックスを交換して完了しました。

IMG_0490.JPG


posted by maniacar at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

ポルシェ ボクスター HID取付と球切れ警告灯

今日は ポルシェ ボクスター 987 の作業レポートです。

ヘッドランプが点灯しなくなったボクスターなのですが、
ヘッドランプを外して見たところ、社外のHIDキットと球切れキャンセラーが取付られていました。


不点灯の原因は、バナーの不良だったのですが、
球切れ警告灯のキャンセラーが付いていて、
セメント抵抗タイプの物がが取付られていました。


この、セメント抵抗タイプのキャンセラーはなるべく使用したくないので、
フロントコントロールユニットをハロゲンランプからディスチャージヘッドランプへ
再コーディングして対応しました。

これで、社外のHIDを取り付けても警告灯が点灯する事はありません。
最近の車は、ソフト面で色々対応出来るので楽ですが、故障すると
時間もお金もかかり大変です。

IMG_0487.JPG

写真が暗くてすいません。

posted by maniacar at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

BMW F12 640i コーディング

今日はBMW 640i F12 のレポートです。

コーディングのご依頼をお引き受け致しました。

今回は、デイランプの設定変更です。
大まか、出回っている情報であっていたのですが、年式の違いかカブリオレの違いなのかわかりませんが
CICに表示させる事は出来たのですが、肝心な光らせる設定が見つからず
色々設定項目を調べてやっと見つけました。

ドイツ語のネット辞書で翻訳しながらで、だいぶ時間が掛かってしまいましたが、何とかなりました。

追加にて設定をお願いされたので、もう少し辞書と格闘します。

image.jpeg


posted by maniacar at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする