2018年02月28日

MB W245 Bクラス ミッション修理

今日はメルセデスベンツのBクラス W245のミッションに関するレポートです。
警告灯が点き、ギヤを入れるとショックが凄い状態での入庫になりました。

本来、この車は、CVTミッションのためほとんどシフトショックも無いくらいなのですが
ガコンって音がする程ショックが大きかったです。

早速、テスターを繋いで調べてみると
0793 CVTセカンダリセンサースピードシグナル異常 の故障コードが入っていました。

E3D9C3C6-3677-42FC-85ED-81E98D1455DA.jpeg

データーを調べてみるとセカンダリ側の反応がなく センサー異常である事が分かったのですが
部品をしらべてみると、コンピューターと一体型でSCNコーディングも必要。
随分高い部品なので海外より部品を取り寄せ交換しました。

BAD02D5C-26D5-48A9-8BA8-9B35C86C8BA1.jpeg
セカンダリとプライマリーセンサーを交換しました。

AD62707E-C269-4A96-AB9B-F7AE8F3EAF75.jpeg

Aクラスにも共通の部品なので、AクラスBクラス両方対応出来ますね
posted by maniacar at 17:42| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。