2017年11月17日

JEEP コンパス CVT異常修理

今日はJeep コンパスのCVT異常修理のレポートです。

いつもお世話になっている、同級生のブーブーワークスさんからのお仕事!

しばらく走った後、再始動して走ると、ギヤが固定されるという症状でした。
早速、テスターでエラー内容をチェックしてみると
アクチェーター異常の故障コード

整備書のコピーも預かったので、楽に作業が進みました
結果はアクチェーターの不良!

単品の部品設定は無いので、海外の社外品を注文してもらいました。

部品が来たので、早速バルブボディの取り外し!

9BEA685B-EBA3-4D6E-816E-E4486F68061B.jpeg

CF7EE9B9-0C2A-42B7-AB29-5D2DC14F440B.jpeg

アクチェーターを交換して、組み付けるのですが、プーリーを動かすレバーを
固定しなくてはいけないのですが、専用工具が無いので針金を使って固定!
それで上手くいきました! まぁ 何とかなるもんだ!


組み付け完了後 試運転!
戻ってからオイル量を調整して再度試運転

無事修理完了しました!

posted by maniacar at 20:07| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。