2017年11月17日

BMW E90 DSC警告灯点灯修理 中古ユニット交換

今日はBMW E90 320i のDSC警告灯点灯修理のレポートです。

6972C04F-BB83-4B7E-BEBE-6650865B290C.jpeg


DSCの警告灯が点灯するとの事でお預かりしました。
早速、テスターで調べてみると
圧力センサー異常の故障コード

この頃のDSCやASCなど内部異常が多くユニット交換になる事が多いのですが
今回は圧力センサー異常との事で、修理可能なはず でした。

お客さんに外したユニットをお渡しして数日
届いたのは、中古ユニットでした。

早速、取り付け エア抜き完了後 テスターを繋いでみると
当然、車体番号不一致のエラー!

あれやこれややりながら
DSCユニット初期化などを行い何とかなりました。
最後にDSCセンサーや舵角センサーの同期や調整をして作業完了しました。

通常、プログラミングの際には、同期や調整がされるはずなのですが
何で今回は出来なかったのでしょう?



posted by maniacar at 19:46| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。