2017年10月28日

BMW E90 M3 エンジンチェックランプ点灯修理

今日は、BMW エンジンチェックランプ点灯修理のレポートです。

BMW E90 M3のエンジンチェックランプが点灯したとの事でお預かり致しました。

11C79F29-3BBD-4DCB-B47D-C855B3E84FD1.jpeg

テスターにて故障コードを調べてみると、スロットルアクチェーターの故障

定番の故障コードでした。

以前では新品交換しか方法がなく、交換していたのですが、まず高い!

なので、今回は現物修理にて対応させて頂きました。

6A19A67E-22A1-4733-A03F-C3A2ABC532E3.jpeg


リンケージなどの動きが悪くなっても、原因になったりするので
ドライタイプの潤滑剤を使用しておきました。

問題は一度で治らなかった事
お客さんに迷惑掛けてしまいました。

同じことにならないように十分試運転してから納めたいと思います。


posted by maniacar at 20:08| Comment(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。