2016年09月30日

ポルシェ ボクスター HID取付と球切れ警告灯

今日は ポルシェ ボクスター 987 の作業レポートです。

ヘッドランプが点灯しなくなったボクスターなのですが、
ヘッドランプを外して見たところ、社外のHIDキットと球切れキャンセラーが取付られていました。


不点灯の原因は、バナーの不良だったのですが、
球切れ警告灯のキャンセラーが付いていて、
セメント抵抗タイプの物がが取付られていました。


この、セメント抵抗タイプのキャンセラーはなるべく使用したくないので、
フロントコントロールユニットをハロゲンランプからディスチャージヘッドランプへ
再コーディングして対応しました。

これで、社外のHIDを取り付けても警告灯が点灯する事はありません。
最近の車は、ソフト面で色々対応出来るので楽ですが、故障すると
時間もお金もかかり大変です。

IMG_0487.JPG

写真が暗くてすいません。

posted by maniacar at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック