2016年11月01日

BMW E90 LEDバルブ 点滅 修理

BMW E90 ライトチェック回避 コーディング

本日、2回目の更新は、LEDバルブに交換されたBMW E90のレポートです。

車検で入庫した3シリーズなのですが、イカリングやフォグランプ、ナンバー灯が
LED球に交換されていました。

IMG_0502.JPG

そのために、エンジンの始動時など交換されたLED球が点滅してしまい
クリスマスツリーの様になっていました。

走行中にも時々点滅するので、これでは車検がNG!
対策することにしました。

以前であれば、抵抗などでごまかしていたのですが、
抵抗自体が発熱し、焼き切れるなどの故障が多いため、最近では使用していません。

代わりに、プログラミングをしてしまいます。

この車の場合、球切れ警告灯が付いているのですが、それが機能しているので、
チェックするたびに電気が流れて、少しの電気でも点灯するLED球に変えると
点灯してしまうのです。
なので、その機能を変更して、LEDバルブに替えた場所だけチェック回避しました。

これでキャンセラー無しのLEDバルブでも、警告灯はつかないし、点滅もしません。
が、切れても教えてくれないので、時々自分でチェックが必要です。


追伸

現在 、テクノオートサービスでは、一緒に働く仲間を募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。 一緒に修理を楽しみましょう!

メール または電話にて
info@techno-auto.jp
048-812-8860
お待ちしております。
posted by maniacar at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ プリウス 30系 アイドリング不良修理

今日は、トヨタ 30系プリウスの修理レポートです。

エンジン アイドリング不良との事で、入庫しました。
テスト走行は特に問題無いのですが、信号待ちでエンジンがかかっている場合
ラフアイドルでミッションからも異音が出るような状態でした。

早速、診断機をつないでチェックして見たのですが、故障コードも入力されていませんでした。

メンテナンスモードにてアイドリング状態にして、データーを確認しながら
調べていくと、EGRに不具合がありそうなので、外して点検してみました。

するとバルブが完全に固着して開きっぱなしの状態に!

念のため、清掃をして動作チェックをしたのですが、動きが渋く再発の可能性が大なため
部品交換になりました。

IMG_0501.JPG

届いた部品は品番が代わり、ハーネスの対策も必要との事で、一緒に作業しました。

交換後はエンジンもスムーズにアイドリングし無事に完了となりました。
posted by maniacar at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする