2013年11月08日

ダッジ デュランゴ 5.7HEMI エンジンオーバーホール

前のカルマンギアのヘッドオーバーホールと並行して作業していたのが
ダッジ デュランゴの5.7hemiのエンジンオーバーホールでした。

こちらは、カルマンギアとは違って、エンジンを下ろすのも大変!
狭いしデカいし重いし! 苦労しました。

こちらの、デュランゴ入庫時の状態は、エンジンが一発死んでいて、マフラーからの煙も大量!
6番シリンダーの圧縮が無いので、エンジンを下ろしての作業となりました。

DVC00842.JPG

バラし始めてすぐに、原因判明! 最悪です!

DVC00843.JPG

うわ〜と思いながらも、シリンダーを確認すると、水の流れた後が… ガスケット抜けが大元の
原因の様です。

お客さんからの要望で、安く修理して欲しいと言われましたが、これでは無理な感じ…
まずは見積をと思い、部品屋さんに確認すると

ピストン・コンロッドがありません!との返事 部品設定はあるのですが、物が本国にも無い!!
との連絡。 ならばと、社外品を探してみたものの、ピストンはありましたが、コンロッドが無い!
製作も可能だけど、金額が… 困った挙句、ダッジ専門のお店に連絡してみると、本国のデーラーに
在庫があることが判明! その他にも色々と部品を注文しました。

部品が入る前に、加工や清掃 組み付けを終わらせていたので、思いのほか早く仕上がりました。

きっと、部品探す為に、苦労したんだろうなぁ〜
メーカーには在庫がなくて、デーラーに有るってすごい!アメリカならでわなのでしょうか?



posted by maniacar at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VW カルマンギア シリンダーヘッド修理

VW カルマンギア 圧縮抜け修理

オーバーヒートしてしまったカルマンギアが入庫してきました。
完全に冷ましてから、オイル交換をしてエンジンを始動してみたのですが
掛かりはするけど、アイドリングもしない状態…

簡単にエンジンも外せるし、点検もしやすいのでエンジンを下ろしました。

DVC00839.JPG

カバー類を外し、いよいよエンジン内部 シリンダーも傷だらけかな?と思いながら
ヘッドを外してみると、シリンダーは全部無事! 

良かった〜 と思いながらも、原因を探ってみると
シリンダーヘッドとシリンダーの間から圧縮が漏れている模様…

歪みを取るためにヘッドは、面研磨を行いました。

研磨するために、バルブ周りを外していると、折れたバルブスプリングが…
オーバーヒートで折れたのか?セット加重の上げ過ぎで折れたのか?
何故かバラせばバラすほど色々と出てきてしまう始末

最終的には、バルブも減っていてしまって、ヘッド周りはすべてオーバーホールしました。

すでに納車も済んでいるのですが、お客さんから、以前より調子いいよ〜と言われて、うれしくなりました!

バルブセット長もスプリングセット加重も合わせて組んだので、大変でしたが一言で苦労も吹っ飛びました! ありがとうございました。
posted by maniacar at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする