2011年11月20日

MB MB W230 SL55 ATF漏れ修理

今日は、MB W230 SL55 のオートマオイル漏れ修理レポートです。

722タイプのミッションの泣き所といえば、コネクター部分からのオイル漏れ
今は対策部品があるので、早めの交換がお勧めです。

今回は、コネクター交換の他にも、オイルパンを外しフィルターも交換しました。

IMG_0712.JPG

IMG_0711.JPG

IMG_0710.JPG

オイルも結構汚れていました。
外したオイルパンは、ごみが残らないように、完璧に掃除しました。
本来ならば、中に入っている磁石も好感するのですが、今回は掃除して元に戻しました。

コネクター部分のオイル漏れは、漏れ以外にも、配線の中をオイルが伝いコンピューターを壊してしまうこともあるので、注意が必要です。 

組み付け後、テスターにてオイル温度を確認しながら、入れ替え、補充して完了しました。


posted by maniacar at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

BMW E60 ヘッドランプ&HID取り付け

今日は BMW E60 525だったかな? 前期型に後期ヘッドランプを取り付けした時の
レポートです。

前期型のハロゲンヘッドランプから後期方のディスチャージヘッドランプへ変更しました。

2台行ったのですが、一台はハイビームが無くなり、反射板にてハイローを切り替えるタイプ
もう一台は、ハイロー別々で、ロー側だけがディスチャージのタイプでした。

IMG_0776.JPG

最初の一台は、元々あったハイビームが必要無くなるので、抵抗タイプのキャンセラーを入れて
解決しました。

二台ともロービーム側はエンジンを始動しなければ、点灯するものの、始動して、ランプチェックが
入ると、電気から信号?パルス制御に変わり、HIDが点灯しなくなってしまいました。
なので、こちらは電気の安定化と球切れ警告灯とあわせて、コンデンサーにて対応!

IMG_0774.JPG

何とか完了しました。
posted by maniacar at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

W220 S500 シフトレバー作動不良修理

W220 S500のシフトレバー作動不良のレポートです。

一度パーキングに入れてしまうと、5分ぐらい格闘しないと他のギヤに入らないということで
車両お預かりしました。

IMG_0778.JPG

このような症状の場合 決まってシフトレバーケース内の部品が割れてしまっているのですが、
部品交換だと16万ぐらい、しかもセキュリティー部品のため交換後にコーディングもしないと
いけません。 なので、中のレバーのみ販売されている強化品と交換しました。

IMG_0779.JPG

プラスチックからアルミの削り出しになることで、同じ症状は二度と起きないと思います。

寒くなると故障が多くなるので、注意が必要です。
また、完全に折れてしまうと、シフトチェンジが出来なくなるので、交換していない方は、早めに交換をお勧めします。


posted by maniacar at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォード エクスプローラー ブーツ交換

今日は フォード エクスプローラーのレポートです。

車両点検の結果、アッパーボールジョイントブーツの破れが見つかりました。

IMG_0741.JPG

早速、部品を調べてみると、なんとブーツ単品供給なしとの回答…

サスペンション アーム・アッセンブリで交換となると、やたらと高くなるし、ボールジョイント自体はまだしっかりしているので、ブーツを探し、交換することにしました。

IMG_0742.JPG

取り寄せた品番はこちら 大野ゴム工業さんのDC-1362を使用しました。
posted by maniacar at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

BMW E46 320 オイル漏れ修理

今日は、BMW E46 320のオイル漏れ修理のレポートです。

エンジンを掛けた瞬間から、ダラダラと漏れちゃう位、重症な状態でした。
原因は良くある、オイルエレメントブラケットのオーリング…

なぜか、ゴムがカチコチに硬くなって、ダメになります。

オイルが原因?なのか?と思いきや、そうでもなさそうな???良く分かりません
でも、100%化学合成のオイルしか使っていない人の車は、漏れが無いような…

念のため、テクノでは100%のオイルを使用しています。

IMG_0687.JPG

中央よりちょい上にある、バルブのオーリングが良くダメになります。
交換しようと外す際には、必ずポキッと折れてしまいます。
IMG_0688.JPG

ここがダメになると、油圧低下やエアーがかんだりして、エンジンがダメージを受ける場合もありますので、漏れが始まったら、早めの交換をお勧めします。


posted by maniacar at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

ワゴンR 燃料計故障 修理

ブーブーワークスさんから以前に電話をもらっていた
スズキ ワゴンR の燃料計が上がらないという故障

話を聞くと、いつもでは無いらしく、時たま上がると聞いていました。

色々聞いてみたらしく、センダユニットがダメかもという事で、交換してみたものの
直らない…と連絡 早速チェックしてみました!
o0800060011588086348.jpg

まずはメーターをチェック! が別に問題なさそう…
続いてセンダの配線をチェック!

信号線をアースしてみると、上がるのを確認!問題なし!

なんだ?なんだ?と言いながらも、アース側の配線をチェックしながら辿ってみると

運転席足元で配線の断線を発見!
なんでこんな所が切れてるんだ??? なんて言いながらも修理完了!
無事 完了いたしました。

写真はブーブーワークスさんからの拝借!
ダメだよ〜 走行中に写真撮っちゃ! 
posted by maniacar at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする