2010年04月15日

タウンカー レギュレター修理

タウンカー92さんコメントありがとうございます。

ちょうど、作業写真がありましたので、レポートをさせていただきます。

モーターの音はするけど、ガラスが上下しないと言う事で車をお預りしました。
オーナーさんが既に部品を手配していてくれたので、すぐ終わらそうと作業を始めたのですが…


DVC00144.JPG

実際にレギュレターを外してみると、モーター側に問題があることが判明!

モーター内部の軸受けが破損していて、モーターだけが空回りしている状態でした。




DVC00145.JPG

部品を再度取り寄せてもらい、交換しようと思ったらモーターとブラケットを止めているネジがアメ車特有の四角いネジで止まっていました。

これはロバートソンと言うタイプで、最近ではあまり使わないタイプのネジで、道具探しにちょっと苦労しました。 


DVC00146.JPG

今までは、リベットで固定されていたのですが、今後のメンテナンスも考えて、ナッターを加工して取り付けました。
これによりネジにて固定できるので、次回のメンテナンスや修理が楽に出来るようになりました。




今度は、逆側のドアガラスも壊れてしまい、また部品待ちになってしまいましたが、次回もしっかり作業しますので、よろしくお願いいたします。
posted by maniacar at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

トヨタ パッソ? 強化クラッチ組み込み

今日は トヨタパッソのレポートです。

一見、普通のパッソなのですが、実はターボ付き!
この車には、ターボモデルは設定に無いのですが
オーナーさんが自らのダイハツYRVのターボエンジンを載せ換えてビュンビュン仕様になっています。

DVC00148.JPG

リヤシートも取り外し、中にはロールゲージまで組んである、走る気満々な車です。

今回車検でお預りしたのですが、ついでに強化クラッチに交換もしました。

もともと強化だと思うのですが、今度はフライホイールも軽量タイプ!
これからブーストも上げるそうなので、もっと楽しくなりそうです。

DVC00147.JPG

トランスミッションはもうすでに取り付けてあるのですが、ドライブシャフトに不具合が出ているので、リビルトシャフトを探し中です。


posted by maniacar at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

キャデラックSTS ブレーキ故障修理

今日はキャデラックSTSのブレーキ修理のレポートです

DVC00149.JPG
ブレーキが利かない!という事でレッカーにて入庫しました。
ブレーキを踏んでみると、カチコチの状態で、ブレーキの倍力装置が作動していないようでした。









DVC00150.JPG

早速ボンネットを開けてブレーキブースターを見てみると、通常の負圧式倍力装置では無く、油圧作動式の倍力装置が付いていました。

このハイドロリックブースターは、パワーステアリングポンプの油圧などを使用するのが多いのですが、この車の場合は電気モーターで油圧を発生させていました。


圧力スイッチを調べてみると、正常に動作していたので、配線をたどっていくと、リレーを発見!確認してみると、リレー自体は動作しているのですがスイッチ回路側が同通しないため、リレーの不良と判断、交換して完了となりました。


DVC00151.JPG

付いていたリレーをバラしてみると、接点に付いている端子が取れて壊れていました。
posted by maniacar at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

燃費激変? 新兵器登場! 整備屋さんの助っ人!

意外と難しい酸素センサーの故障診断
それを簡単にチェックできるのが
この日立オートパーツ&サービスから発売されているO2センサーチェッカーです。

DVC00141.JPG

今までは、エンジンに不具合が出てからの交換作業になっていましたが、この簡単にチェックできるテスターがあるおかげで、センサーの劣化状態を診断できるようになりました。






そもそも、この酸素センサー、一体何をしているのか簡単に言うと、燃焼後の排気ガスの中にどの位、酸素が残っているかを調べているセンサーなのです。

最近のエンジンでは、このセンサーの信号を元に燃料噴射量の増減をしているのですが、これが、劣化してくると、コンピューターが燃料が薄いと勘違いして、どんどん燃料を濃く調整してしまいます。

なので、気づかないうちに燃費の悪化や加速不良、有害ガスの排出や高価な触媒の劣化を早めてしまうんです。

これを使う事によって、点検や車検の時、もちろん修理のときにも簡単にチェックできるので、お客さんに色々アドバイスもできるようになります。

物は試しに、代車でテストしてみた結果

DVC00142.JPG

この様になり、バーグラフで一発で良否判定ができます。 また、電圧も濃い状態、薄い状態、平均値、サイクル表示等、表示されるのでグラフ以外でもチェックできます。

また、シュミレーションテストも出来るので、ダイアグモニターなどを見ながらコンピューターの制御確認もできます。

残念なのは、空燃比センサーのチェックが出来ない事
と触媒後の酸素センサーがチェックが出来ない事でしょうか?

最近、燃費が悪いなぁ〜と思ったら、一度チェックしてみてはいかがですか?


posted by maniacar at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする