2009年12月25日

年末年始営業のお知らせ

2009年12月25日

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申しあげます。
大変勝手ながら、2009年12月30日(水)から2010年1月5日(火)までを年末年始休業日とさせていただきますので、
ご理解賜りますようお願い申しあげます。
敬具


尚、29日につきましては、16時までの営業とさせていただきます。
休日中に届きましたメールなどは5日以降の返信となりますので、よろしくお願いいたします。

来年もテクノオートサービスをよろしくお願いいたします。

有限会社 テクノオートサービス
取締役 一木 大輔
posted by maniacar at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

日産 ラルゴ 加速不良修理とポルシェ

今日は
日産ラルゴの加速不良修理のレポートです。

もう14万キロも走っている、ATのラルゴですが
2速にシフトアップすると、エンジンに力が無く回転が下がってしまうので、修理して欲しいとお預りしました。

詳しく症状を聞いてみたところ、朝乗り始めによく症状が出るとのこと、そこで思ったのが、燃料フィルター?と思い、スキャンテスターと燃圧計をセットして試走してみました。テスターの故障コードでは、ノックセンサー異常が記憶されていました。


DVC00250.JPG

症状から、燃料フィルターのつまりを想像していたのですが、見事にハズレました!

他のデーターを見ていると、点火時期が異常に下がるのと、燃料噴射量が多い事に気づきました。

走行距離も多いので燃料フィルターとノックセンサーを注文し、交換後もう一度走ってみると、点火時期は下がらなくなったものの、やはりまだ濃い感じ…

色々見ているうちに、O2センサーの信号がおかしいのを発見!コネクターを外して走行してみるとビンゴ!
調子良く走るようになり、社外のセンサーと交換して完了となりました。


DVC00271.JPG



そろそろO2センサーチェッカーでも買おうかな?









でポルシェの方ですが、片側のバンクが終了し反対側へ  ところが、ネジが一本怪しい…
回してみると、締まっていない所か、刺さっているだけ! カバーを外してみると…

D65.JPG
なんとビックリ!折れています! しかも、刺さっていたネジは、液状パッキンで固定されているだけ
肝心なところだけに、失敗する訳には行かないので、ジグを作り、ネジの真ん中に穴を開け、ヒートガンで周りを暖めておきながら、逆タップで半日続闘し何とか抜けました! 
裏にはオイルラインもあるので、しっかり掃除しないと!
posted by maniacar at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ダッジ・デュランゴ AT修理

今日は、ダッジ・デュランゴのミッション修理のレポートです。

なんと排気量5・9Lもある、デュランゴが入庫してきました。
修理でお預りするのですが、症状をお聞きすると、
前進はするけどバックしない…と
車を見ると、しっかり前から駐車してありました!
  どうやって動かそう…


DVC00261.JPG



早速テスターでエラーコードをチェックしたのですが
何も記憶されていませんでした。

シフトソレノイドを調べようと、オイルパンを外すと
カラン!と嫌な音が…



DVC00260.JPG

中からはこんな物が出てきました。
クラッチ板を押さえている、スナップリングでしょうか? 
破片をつなぎ合わせてみたのですが、足りません。 
それではと隙間から、ツールを入れて残りの残骸を探してみると、今度はステーみたいな物が…

とりあえずオーバーホールになるので電話をしたところ、リビルト品が安く手に入るとの事で、載せ替え作業になりました。

オイルクーラーなども掃除して、作業完了となりました。
posted by maniacar at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

MB W220 Sクラス 加速不良修理

今日は、メルセデスベンツW220のレポートです。

ちっともスピードが出ない! と連絡を頂き、車両を引き取りに伺いました。

車を預かり、積載車に載せようとしたのですが、エンジンの回転が上がらず、自力では上れませんでした。

会社に戻り、早速スキャンテスターを繋いで見ると
ペダルセンサーの故障が記憶されていました。
テスター上で、ペダルセンサーの値を見てみると、極端に少ない値だったため、センサーの故障と判断し交換しました。

DVC00259.JPG
交換後は、ちゃんとエンジンも吹け上がりバッチリ直りましたが、下からカラカラと嫌な音が…
リフトアップし確認してみると、触媒から音が出ていました。これは、交換するしか修理する方法がないので、説明をし、こちらも交換することになりました。




DVC00276.JPG

触媒も高いのですが、触媒前後に付いているセンサーも高いので、取り外し後、完全に冷めた状態で、センサーを外しました。 これが暖かい状態で緩めるとネジの部分がかじってしまい。どうにもならなくなってしまうので注意が必要です。





DVC00262.JPG

ペダルセンサーの交換は始めてだったので、
どのようになっているか、興味がありバラしてみました。 スロットルセンサーみたいな物かと思っていたのですが、バラしてみると全然違う物になっていました。 ホールICというものを使っていて非接触型回転角センサーですって! 

技術は進んでますね!壊れちゃ意味ないけど…
posted by maniacar at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

アルファロメオ スパイダー インパネ修理

今日は、アルファロメオ スパイダーのインパネ修理のレポートです。
作業自体は、ちょっと前になるのですが、写真を整理していたら、出てきたのでご報告です。

なぜか物凄くベタンベタンになってしまった
センターコンソールとフィニッシュパネルを修理しました。

DVC00244.JPG

まずは、ベタベタを取りたいのですが、プラスチックで出来ているので、溶剤は使えず工場にあった色々な洗剤で試してみました。
その中でも、エンジンの油汚れを落とすアルカリ洗剤がいい感じでベタベタが落ちてきたので、全体にスプレーしては、放置たまに歯ブラシでゴシゴシ!を繰り返すことで、何とか落とす事ができました。


落ちてしまえば、こっちの物! プラスチック表面を軽くペーパー掛けして、ゴム製塗料で塗装しました。

DVC00245.JPG

ゴム製塗料を使ったのは、普通の塗料だと、見た目が固くなり、やわらかい感じを出したかったので、ゴム製塗料を使用しました。

で、仕上がりはこちら! 
やわらかそうに見えませんか?



DVC00246.JPG
posted by maniacar at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

BMW BMW E65 745i 充電不良修理!

本日二回目のブログです!
BMW 745i の修理レポートです。

お客様より、充電系統故障の警告灯が付いているとの事でお預りしました。

早速テスターで、調べてみると

IMG_0273.JPG

エンジンアイドリング中に関わらず、11.4ボルト
しかありませんでした。 故障コードを調べてみるとオルタネーターとオルタネーターと通信不良のコードが入力されていました。

ベルトや配線など調べて見たのですが、異常がないので、オルタネーター不良と判断し交換となりましたが、通常交換の時などでは、バッテリー端子を外して…となるのですが、この車の場合は、ちょっと違います。


まずは、ボンネットを開けて放置!
車が、スリープモードに入るまで、待ちます。
モードに入ったら、バッテリー端子はそのままで、エンジンルーム左奥にある、プラス側のターミナルボックスから、オルタのB端子を外し、ショートを防止します。 それから通常の脱着作業に入ります。

今回使用したのは、デーラーさんに卸されているリビルト品です。

IMG_0275.JPG

交換後は電圧も元に戻り作業終了となりました。

が、引き取り当日、洗車しようと洗い場まで移動すると、キリキリとベルト音が… これはマズイ!
とりあえず、ベルトを外し、脱脂したり、逆に組んだりとしてみたのですが、一向に変わらず…
よーく見てみると、ベルトテンショナーの向きが斜めに… 外して調べているうちに、お客さん来店!がく〜(落胆した顔)
とりあえずそのまま様子を見ていただくことになりました。 

オーナーさま
お待たせしてすいませんでした〜。
posted by maniacar at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルシェ993臓

先日、オイル漏れ点検をしたポルシェ993のレポートです。

部品がポツポツと入荷してきたので、エンジンを下ろしました。

DV002.JPG

元々、下ろして整備する車だけに、下ろしやすくはなっているのですが、下ろすにはそれなりに大変でした。 来週より、本格的に分解作業に入ります。







DVC0279.JPG

エンジンを下ろしてしまった車は、エアコンのコンプレッサーだけが残っています。

このあと、一度足回りを戻し、地面に下ろしたのですが、ちょっと後ろの車高が上がり、ドラックマシンみたいで、かっこよかった!

posted by maniacar at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ポルシェ993 オイル漏れ修理

先日、ご報告したポルシェ993のレポートです。

とりあえず漏れている箇所の確認のため

一度綺麗に掃除してから、エンジンを始動させ確認しました。


DVC00255.JPG
こちらはタイミングチェーンカバー部分

左右とも漏れてしまっていました。

パッキン交換ですね。
柔軟性がなくなってしまいカチコチになってました。




DVC00256.JPG

こちらはバルブカバー部分

こちらも左右漏れてしまっているのですが、
こちらはパッキンではなく、カラーの部分から
漏れてしまっているので、以前おこなった、漏れ対策を施します。
その作業をすれば、バッチリ!



DVC00269.JPG

こちらはパワーステアリングホース

緑のクーラントの様な色のオイルも漏れてきました。
たどってみると、パワーステアリングのホースから…
エンジンルームが熱いので、老化が早いのでしょうか?
こちらは、ベルトも交換しておきます。








DVC00270.JPG

こちらはプラグコード

なぜか?一本だけがこのような状態に…
取り合えず単品で部品が出そうなのでよかった!

今回は、エンジンを下しての作業になるので
もう少し時間がかかりそうです。
オーナーさん もう少しお待ちくださいね!

posted by maniacar at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする