2009年09月29日

BMW650i キラキラ☆!

本日、入庫のBMW650iなのですが

移動しようと、ドアを開けたらこんな事になってました。





DVC00224.JPG












改めてま回りを見てみると、エンブレムからモールまで、すべてピカピカ! 


DVC00225.JPG

これって、付けるのにどの位時間がかかるんでしょう? ものすごく、腰と目に悪そうですね!












DVC00226.JPG

よく見てみると、大きいものから小さなものまで、使って隙間なく奇麗についていました。
posted by maniacar at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

VW ゴルフ スロットルバルブ清掃

ただいま 車検でお預かりしている
VW ゴルフのレポートです。

車検の際に、スロットル清掃などのサービスも
しています。


DVC00222.JPG

車検毎に清掃していても、結構汚れているのが


この、スロットルバルブなのですが、
単に清掃すればいいエンジンもあれば、
清掃後にひと手間かけなきゃいけないエンジンもあります。

後者のほとんどが、電子スロットルと言われるもので
このタイプは、清掃後、コンピューターに状態を記憶させなくてはいけません。

ほとんどのメーカーにその作業が必要になります。

といっても、そんなに大変なのではなく、
スキャンテスターで簡単に作業完了します。


DVC00223.JPG

この車の場合 4番のADP OK! が完了の合図です!




posted by maniacar at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

ホンダ フィット エアコン修理

今日は、ホンダ フィットのエアコン修理のレポートです。

今回のエアコン修理は、ガス漏れでなく、エアコンコンプレッサーの焼きつきによる故障でした。
ガス漏れならば、漏れているところを修理すればよいのですが、焼きついちゃった場合は、ちょっと大変です。
まずは、破片がどのあたりまで回っているかによりますが、エキスパッションバルブ(膨張弁)まで行っていると、大掛かりになってしまいます。


090918_114644.jpg

この車の場合、コンデンサーにドライヤーが付いているので、ドライヤー部分だけ簡単にばらし、点検することができるのですが、ばらして見ると、フィルターまでは、アルミ粉が付いていますが、破片が大きいため、フィルターから先は、流れていないようでした。
念のため、エキパンまでのパイプも取り外して、清掃してみましたが、問題ないので、清掃してそのまま使うことにしました。

090918_114947.jpg
今回の交換部品は、エアコンコンプレッサーとコンデンサーになります。

090918_114902.jpg
posted by maniacar at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

BMW X6 アンダーネオン取り付け

昨日、途中で終わりにした、BMWのX6です。

DVC00211.JPG
今日は、チップLEDタイプのアンダーネオンを取り付けしました。
取り付けるにも、簡単にはいかず、色々苦労しました。

今回使用したのは、チップLEDのテープ状になっている防水タイプを流用しました。
チップタイプなので、厚みも4ミリぐらいで、両面テープ付きなので、仮止めは楽にできました。

もちろん、両面テープだけでは、剝がれてしまうため
タイラップで20センチ置きぐらいに固定しました。

スモール電源は、リレーを使用し、パルス電流?のためリレーの駆動線に、コンデンサーを使用し安定電源にして、逆流防止を追加して完了しました。

DVC00210.JPG
posted by maniacar at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

BMW BMW X6 入庫 バルブ交換とカスタム!

先日、BMW X6シリーズをお預かりしました。
今回は、修理ではなく、カスタムになります。

まずは、HIDのバーナー交換
こちらは純正から6000Kの物に交換しました。

次に、イカリングバルブ交換
こちらも、純正からLEDの物に交換し

フォグランプもちょっと白いものに変えてみました。


DVC00209.JPG










が問題はここから…
アンダーネオンも付けてほしいとのお客さんからの
要望で、スペースが無い為、LEDの薄いタイプをつけるのですが、まずは、スモールの配線を取り出そうと配線を探してみたのですが、ライトスイッチの所では、信号になっていて、取り出すことができませんでした。
そこで、先ほど取り替えた、イカリングバルブの所から、電気をもらおうと思ったのですが、
電気は来ているのですが、パルスの様な電気で、こちらもダメ!
とりあえず、このパルスを使って、リレーを動かすことにしました。
ただ、リレーを繋ぐと、パルスですから、カチカチと
パルスに合わせてリレーが動いてしまうため、リレーとの間に、コンデンサーを入れ、電気が逆流しないようにダイオードを入れて、何とか電気を確保しました。 LEDネオンをまだ取り付けていないので、なんとも言えませんが、うまくいく事を願います。
posted by maniacar at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

パサートの続き修理(間欠ワイパー・クルーズコントロール)

今日は、先日エアマスセンサーを交換した車両の
残りの修理をしましたので、そのレポートです。

今回の、修理の内容は、間欠ワイパーの作動不良と
クルーズコントロールの故障です。


DVC00208.JPG
ワイパーの方は、雨滴反応式 間欠ワイパーになっております。 これは、フロントガラスに付いた雨の量によって、自動的に間欠の時間を調整してくれる便利なシステムなのです。

まずは、間欠にすると一度は動くので、先にセンサーを点検してみました。
が、信号端子にアースをすると、しっかり動くため
センサーの故障と判断し、交換して完了となりました。

次に、クルーズコントロールが作動しないと言う修理ですが、スキャンテスターをかけると、信号が低いとなっていました。

DVC00207.JPG

そこで、スイッチを取り外し、点検してみると
スイッチ部分の不良が判明!
こちらも、部品交換し完了となりました。


posted by maniacar at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

フォルクスワーゲン パサート 始動不良修理

今日は フォルクスワーゲン パサートの始動不良修理のレポートです。

DVC00186.JPG

別の件で、入庫したパサートでしたが、
帰ろうとした所、エンジンが掛からない…?
早速、スキャンテスターで故障コードを調べてみると
エアマスセンサー
ラムダセンサー
クルーズコントロールスイッチ
が故障コードで出てきました。
一度クリアーしセンサーの状態を見てみると


数値が異常に少なく
エアマスセンサーの不良と判明!
交換して終了となりました。

DVC00162.JPG
信用が無いのか?何度説明してもお客さんには、本当に大丈夫?治らなかったらどうするの?など何度も何度も言われ、ちょっとヤル気が失せました。

posted by maniacar at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

BMW528i E39 ABS警告灯点灯修理

今日は、BMW528(E39)のABS警告灯点灯修理のレポートです。

早速、スキャンテスターをつなぎ、故障コードを調べてみると、
右フロント スピードセンサー
右 リヤ スピードセンサー
が、故障コードで出てきました。
一度、消去し再度、故障コードを調べてみると
故障コードが消えたので、動かそうとすると、
また、メーターにABSの警告灯が点灯???

また、テスターをつなぎ、読み取ってみると、今度は
右フロント スピードセンサー
右 リヤ スピードセンサー
左フロントスピードセンサー
と、ひとつ増えちゃいました! あれっ と思いながらも、再度、消去!

とりあえず、故障コードの出ていない、左後ろのセンサーを外し、右後ろにつけてみましたが、相変わらず右後ろの故障コード…

悩みながらも、アースでもおかしいのかと、ABSユニットの配線などを調べているうちに、
ABS本体に振動を与えると、警告灯が点灯することを
発見! 
ABSユニットからコンピューターを取り出し
そっと蓋を開けてみると、ものすごく細い配線が…
とても、修理できそうにないので、
リペア用コントロール ユニットを取り寄せて
再コーディングして完了となりました。


DVC00159.JPG
posted by maniacar at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

クラッチ不良 BNR32

ちょっと前の作業になるのですが
日産スカイラインGTR(BNR32)が入庫しました。

この車は、とある所で合法チューニングされた車両なのですが、オーナーさんより、クラッチがおかしいので、見てほしいとお預かりしました。


090223_120704.jpg

通常のクラッチではなく、ツインプレートと言って
クラッチ板が二枚使用しているタイプが付いているので、操作はシビアで、ゆだんするとすぐエンストしてしまいます。そのせいで、言っているのかな?と
思ったのですが、ひとまずミッションを下ろし確認してみると、バラしてびっくり! 二枚のうちの一枚が逆に装着されていました。

さすがオーナーさんですね!
自分は全然気づきませんでした!

クラッチ板が逆に付いていたため、ダンパースプリングがフライホイールボルトと接触し削れてしまっていたので、二枚とも交換しました。

組み付け後、試運転しましたが、繋がるところが、少し下になったぐらいで、シビアさは、あまり変わりませんでした。
posted by maniacar at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ベンツV280 アイドル不良修理

ひさしぶりの更新です。

お客さんに最近サボってるね〜 と言われたので
また、頑張ってレポートしたいと思います。

今日は、ベンツVクラス V280のアイドル不良修理のレポートです。

DVC00154.JPG

この車、エンジンの始動などは問題ないのですが、
アイドリングがバラついていて、ブレーキ警告灯も点灯していました。
早速、バランステストをしようと思ったのですが、
このエンジンは4気筒に見えて実はV6エンジン!
プラグコードを抜こうにも、狭くて抜けませんでした。 
仕方ないので、コイル側を抜くことにしたのですが、毎回感電するんです!  
今回も、やはり感電しました!
本当に心臓がやばい位ビリビリきます!

痛い思いをしながら、やっと6番がおかしいことが判明
プラグコードを調べてみると、6番は異常がないのですが、1番と3番が断線 コイル側2番と4番が腐食…
とりあえず、プラグコードとイグニッションコイルを交換することにしました。

依然、6番の原因が分からず、調べていると、
どうもインジェクターが動いていないみたいなので、
調べようと思ったのですが、狭くて点検もできません
そこで、インマニを取り外して点検してみたところ
インジェクターが見事に壊れていました。

DVC00153.JPG
posted by maniacar at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする