2009年04月10日

ベンツSLK オープンにならない! 修理


DVC00108.JPG

久し振りの更新です。

今日は、ベンツSLKの修理レポートです。

症状は、運転席・助手席のドアガラスが動かなく、
おまけに、オープンにもならなくなった!
とのことでした。



いつも、動作させるたびに、思うのですが、よく作ったなぁ〜と関心してしまいます。

早速、スキャンテスターをつなぎ、オープンのシステムに接続! 故障コードを見てみると、たくさんの故障コードが… 仕方ないので、メモをとった後で、一度消去してみました。 これで動いちゃったりして と思ったのですが、やはり動きませんでした。

データーストリームでスイッチなどを確認しているうちに、故障コードが入っていましたので、確認してみると、トランクリミッタースイッチの故障とでてきました。
これは、屋根の格納のときなど、一度トランクが、普段とは逆方向!前から後ろへ開くのですが、トランクが全開まで空いたよ! というのを感知しているスイッチで、そのスイッチが常にオン状態になっていました。

スイッチを取り換えて、動作確認をして完了となりました。
posted by maniacar at 15:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする