2008年09月30日

ステージア FRPバンパースポイラーカスタム その2

今日はステージア FRPバンパースポイラーカスタム
その2です。

前回切り取った部分を接着するのですが、
段差や大きさの問題でバンパーと同じFRPを使用して
接着する事にしました。 
通常貼り付けには、同じようにFRPを3プライ位、貼り増して付けていくのですが、今回はFRP樹脂にガラスの粉を混ぜパテの様にして、使用しました。

同じFRPなので、食いつきも良く、通常のパテの様にヒビが入ったりしないので、便利です。


DVC00216.jpg









完全に硬化したところで、削り合わせていくと


DVC00217.jpg


やっとそれらしい形になってきました。
この後、外側にゲルコートなどを塗れば、良いのかも知れませんが、「これ猛毒なんだよ!」と聞いてからは、使用していません。 

この後、裏側にフォグランプのステーを作り、FRPにて接着し、塗装をして完了となりました。




文章で書くとあっという間ですが、実際には結構時間が掛かっています。

posted by maniacar at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

ステージア FRPバンパースポイラーカスタム加工!その1

久しぶりの更新です。

今日は整備では無く、カスタマイズのレポートです。


社外品のFRPバンパースポイラーにレクサスのフォグランプを埋め込みたい!と依頼を請けました。

が、フォグランプは大きいし、バンパー側は、小さいしで、バンパーを加工して取り付けることになりました。

最初に、レクサス純正フォグランプから、型を取り、それに合わせながら、加工をしていくため、まずは型の製作をしました。


DVC00206.jpg












DVC00209.jpg

その型にあわせて、削ってみたのですが、写真の中央部分、(手に持っている、柱みたいな物)を移動しなくては、いけなくなり、まずは、ぶった切って見ました。  …が、あまりの段差にどうしようか?と考え中の写真です。




続きはまた次回へ!!
posted by maniacar at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

いいなぁ〜

久しぶりに、昔の愛読書CARBOYを買って見たところ、
何やら面白そうな記事が!
それは、軽自動車だけでのレース(K4-GP)なのですが、
参加者みんなで運転できるみたいだし
燃料使用量も決まっていて、チューニングレベルも抑えられているし
これなら、あまりお金が掛からなくて、楽しめそうだな〜 

今、真剣に考えています。

こんなので出場したら、カッコイイよなぁ〜

f-k_scene.jpg


posted by maniacar at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

忘れ物?

オイル漏れの修理でお預りした、三菱シャリオ

DVC00224.jpg



シリンダーヘッドのアッパーデッキからオイル漏れを起こしていたので、バラシ作業の途中の写真です。

軽く掃除した後、覗いてみていると…
なんと ローラーロッカーアームが落ちていました。



DVC00223.jpg
もちろん外れているわけでもなく ちゃんと16個付いています。

まあ 以前何処かで修理したときに落としてしまったのだろうと思うのですが、今までよくバルブスプリングやカムなどに引っかからなく動いていたよなぁ〜


posted by maniacar at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

オペル ヴィータ

車検でオペル・ヴィータをお預りしました。


DVC00218.jpg
先にメールにて、予約を頂いたのですが、
エンジン始動後、冷間時にギヤを入れると、チェックランプが点滅してしまう。との事でした。

車のキーを預かり、駐車場で試してみると、ドンッ という衝撃の後にピカピカ!と点滅が始まり症状を確認しました。

暖機すれば、普通になるとの事でしたので、駐車場でしばらく待ってから、再始動すると、何も無かったように正常にもどったので、とりあえず会社へ戻ってきました。

早速スキャンテスターをつないで、確認してみると、
”トランスミッション・レンジ・スイッチの故障”
がエラーコードとして、残っていました。
テスターでデーターを確認してみると。やはり冷えているときは、スイッチがうまく作動せず、少し温まるとちゃんと反応していました。

レンジスイッチの故障は、結構多く、一度外して中の端子を磨いてあげると、一旦は治るのですが、しばらくするとまた同じような症状が出るため厄介です。
交換が早いのですが、結構高価な部品なので、いつも一生懸命磨いて修理しています。

また、同時に暖機後、再始動すると始動時にカブッた様になるとの事でしたので、ついでにスロットルバルブの所に付いている、アイドルコントロールバルブもしっかり掃除しておきました。


DVC00219.jpg

ヴィータ君!2年間またしっかり頼むよ〜
posted by maniacar at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ダッジ マグナムSRT とBMW750


DVC00215.jpg

ヘミエンジンが載っている、ハイパワーなダッジマグナムです。 
今回は、板金でお預りしました。

さすがに6.1リットルのヘミエンジン!
工場内を動かすだけでも、有り余るパワーを感じます


オーナーさんはこれから、弄るそうなのでとても楽しみです! 何をするかと思えば、ラインロックを付けてチューニングロムを入れるそうなので、更にパワーアップ間違いなし!ですね。

いいなぁ〜 今度、競争しようね〜!
んで 貸してっ!


DVC00213.jpg


BMW 750i がオイル交換で入庫してきました。


早速ボンネットを開けると、無い…
最近の流行なのか、オイルレベルゲージが無いんです。 


とは言っても、メーターに表示されているのですが、どの位汚れているかも見ることが出来ません。
交換指定の30000キロを超えているので、汚れているのは解るのですが、やっぱりレベルゲージは必要ですよね! 
また、困るのが、リセットをするのですが、いつもならばテスターで一発で完了するのですがこの車の場合、時間やら日時やら色々入力しないといけないので、ちょっと厄介です。
実際、オイル交換している時間よりリセットしている時間の方が長かった。



posted by maniacar at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

やっと完了!


DVC00211.jpg


かれこれ2ヶ月前ぐらいに、ホイール修理を預かりました。
普通のホイールならば、そんなに掛からずに終わるのですが、このホイールなんと26インチというデカさ
当然、修理するにも、国内には、ジグが無いらしく、修理するために、なんとシャンハイまで送って修理してもらいました。




posted by maniacar at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする