2008年07月31日

キャデラック エスカレード その2

先日、報告したキャデラックエスカレードの続きです。


DVC001155.jpg

この車は、三井物産から正規車両として輸入された車なので、修理資料をもらうため、三井オートへ電話してみましたが、販売ディーラーにしか、資料を渡さないと厳しいお言葉… ひどいなぁ〜 と思いながらも
知り合いに電話してみると、なんとデーラーの社長を知っているから、貰ってあげる!と道が開けました!

数枚コピーを頂き、調べてはいるのですが、色々絡みあっていて、難航しております。

ただ、プレッシャーセンサー信号が、接続し加圧状態でも、大気開放状態でも変わらないので、明日はその辺からまた、調べてみます。

辛いのですが、色々解ってくると、面白いです!
posted by maniacar at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

これもすごい技術! デントリペア

今日は、デントリペアのレポートです。

DVC00130.jpg

しばらくお預かりしている、ベンツなのですが、ボンネットのデントリペアも委託されました。
 このベンツは、ボンネットやトランクがアルミで出来ていて、板金するにも、素材が柔らかすぎて大変なのですが、さすがデントリペア! 鉄板だろうが、アルミだろうが、何でもこなしてくれます。

見ていると、とても簡単そうに作業しているように見えるのですが、実際にまねて作業してみると、全然直るどころか、余計にひどい事に…

お願いしている人は、デーラーなどで、まだ売れていない新車なども(こんな事書いてしまっていいのか?)、手がけているくらいの上手いひとなので、かなうわけがないのですが、いつかは手に入れたい、技術です。


DVC00131.jpg
posted by maniacar at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

日産マーチ 異音修理とエンスト修理

今日は日産マーチ エアコン使用時異音修理のレポートです。


DVC00127.jpg

真っ赤なかわいらしい日産のマーチが修理で入庫してきました。

症状は、エンジンはエンストはしないけれども、今にも止まりそうになってしまう。
それから、エアコン使用時に変な音がする。
との事でした。

実際にエンジンを掛けてみると、やはり今にも止まりそうな… 念のため、スキャンテスターを繋ぎ、故障コードが入っているか調べても、特に何もありませんでした。 
このエンジンは、アクセルワイヤーなどはなく、
スロットルバルブはモーターで駆動されています。
そこで、最低開度をコンピューターに覚えさせなくてはいけないのですが、テスターを使い何度やってもうまくいきませんでした。

バルブが悪いのか?と思いエアークリーナーを外して見ると、カーボンがギッシリと付着していました。
綺麗に掃除し再度、急速学習をしてみると、今度はうまくいき、アイドリングも正常に戻り、完了しました。

もう一つ、エアコン使用時の異音なのですが、
実際に、作動させてみると、室内よりカシャカシャと連続した音が出ていました。
音の発生する所は、ブロワーモーター位しかないのでグローブボックスを外し、ファンを回したまま、恐る恐る手を入れてみると、なんとビニール袋が大量に出てきました。軽いビニール袋がファンの力で吸われてしまったのが、原因でした。

posted by maniacar at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

三菱GTOとフォルクスワーゲン ポロ


DVC00123.jpg
今日は、三菱GTOとフォルクスワーゲン ポロの修理レポートです。

走行中突然止まってしまったとの事で、レッカーにて運ばれてきました。
翌日、車を見てみると、オルタネーターが発電してなく、バッテリーの電気を使い切ってエンストしてしまったようです。
早速、リビルト品を手配し作業しようと思ったのですが、オルタネーター自体付いている場所が、狭く脱着が大変でした。 


DVC00126.jpg

次に、フォルクスワーゲン ポロ
なのですが、アイドリングが異常との事で入庫しました。 実際に始動してみると、アイドリングが500回転から1500回転ぐらいを行ったり来たり、ハンチングを起こしていました。
スキャンテスターで調べてみたのですが、異常コードなどもなく、一度、スロットル学習をしてみたものの
変化なし、配線を調べてみると、電圧に異常発見!
どんどん辿っていくと、イグニッションスイッチにたどり着き、スイッチを交換後、再度スロットル学習をして完了となりました。


posted by maniacar at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

さらば240Z!


DVC00120.jpg

今日は、テクノの板金屋さんのレポートです。

もともと 板金屋さんとは、車がきっかけで知り合ったのですが、
その時乗っていたのが、奥にある本物の240ZGでした。

その後、前の会社で一緒に仕事をするようになり、その頃から、メンテナンスをずぅーと私がしていました。

正月近くなれば、ゼロヨンのためにエンジンをばらし、ゼロヨンが終われば、サーキット走行会用に仕様変更したり、色々な思い出があります。

手前の車は、普通の30Zなのですが、もともと本物のレースに出てたために、すでに色々いじってあるのですが、これからコツコツと普段乗れるように、直していく予定です。
色々と部品が無い物が多いので、自分の30Zから外したノーマル部品を移植する予定です。


たまに、作業の報告をしますので、お楽しみに!


posted by maniacar at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

リンカーン マークエイト エアサス修理

今回は、リンカーンマークエイトのリヤ・エアサス修理のレポートです。


DVC00124.jpg
三日ぐらい止めておくと車高が下がってしまう
との事でお預かりしました。

リフトで車を上げて、エアサス関係の部品に石鹸水をまんべんなくスプレーし、しばらく待って見ると
数箇所で泡の塊が出来ていました。
その、漏れている箇所は、エアバック本体からでした。
色々、部品を調べてみると、純正部品以外に優良部品が出ている事が判明! 
輸入代行業者を通して、部品を入手し、交換終了となりました。

以前は、本国オーダーの部品などは、約1ヶ月ぐらい納期が掛かってましたが、代行業者を使うと、そんなに高くない運賃で、4〜5日ぐらいで部品が入手できるのでとても楽です。 ただし先方に在庫があればですけど…
posted by maniacar at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

X90 入庫!


DVC00118.jpg


希少な車が入庫したので、ご報告です!
この車知ってますか?
1995年頃にスズキから発売された、X90と言う車です。 当時は、海外でものすごい人気があったらしいのですが、国内では、1000台ぐらいしか売れなかったみたいです。

今回は、修理でお預かりしました。
ちょっと見た感じだと、オイル漏れのようなのですが
明日しっかりと見たいと思います。

心配なのは、部品の供給なのですが、この車は、ベースがエスクードなので、何とかなりそうです。

たぶん、もう手には入らないであろう、バンパーガードが付いています!

DVC00119.jpg
posted by maniacar at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

キャデラック エスカレードとBMW525i

今日は、キャデラック・エスカレードのリヤ車高異常
とBMW525iの車高調取り付けレポートです。


DVC00115.jpg

このエスカレードはリヤにレべリングシステムという物が付いています。これは、荷物を載せたときでも、標準の車高を保つ機構なのですが、今回は、エンジンを始動する度に、どんどん車高が上がってしまうというトラブルです。
最初は、レベルセンサーの不良ぐらいだろう?と思っていたのですが、実際に作業を始めると、センサーや配線に異常もなく、またコンピューターにも故障コードが記憶されていませんでした。
こうなると、厄介な事に…
とりあえず資料を集めるために、一時作業中止です。






DVC00115.jpg

キャデラックは一旦置いておいて、こちらはBMWの525iです。 先日、登録が終わったばかりの車なのですが、登録が終わる前から、次から次えと部品が到着してきました。
それは、イカリング付きヘッドランプ・LEDテールランプ・19インチアルミホイール・車高調キット!など
とりあえずリヤから始めたのですが、交換するにも大変で、やっと組みあがったと思いながら、車を下ろすとホイールまでかぶってしまう位、車高が下がってしまい、格好はいいのですが、走れそうもないので、再調整中です!


posted by maniacar at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

オペル ベクトラ アイドリング不良修理


DVC00114.jpg
今日は、オペルベクトラ アイドリング不良修理のレポートです。

エンジンは始動するものの、続かなく、すぐエンストしてしまうと連絡があり、持ち込みいただきました。

今までの、経験では、イグニッションコイルやクランクセンサーなどの不良が多かったため、今回も、その辺かなぁと思っていました。
ボンネットを開ける前に、エンジンを始動してみるとスカスカした吹け上がりで、まったく力の無い様子
ただ、エンジン警告灯は点灯していませんでした。

ボンネットを開けてびっくり! ブローバイのホースがヘニャヘニャになって大穴が開いていました。
その他にも、バックファイヤーの圧力で抜けたのかバキュームボースが抜けてしまっていました。

とりあえず抜けたホースを差込み、再度始動してみると、アイドリングも安定し、ほかに問題なさそうなので、ホース類の注文をしました。

明日 完了予定です!
posted by maniacar at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

ハリアーハイブリット キャリパーペイント


DVC00108.jpg
DVC00109.jpg








ハリアーハイブリットのキャリパーペイントのレポートです。

ホイールのコーティングと同時に作業する事になり、
炎天下の中、作業を始めました。
作業自体は、難しい事も無いのですが、環境が厳しかった! 工場内が、車でいっぱいだったので、外での作業になったのですが、午前中はちょうど日陰になり
ラッキー!などと思いながら、作業していたのですが午後になると、最悪でした…

ただ、苦労したかいが、あったのは、キャリパーが直射日光でいい感じに熱くなり、塗料の、のりが良かったので、ツヤツヤな仕上がりになりました。

皆さんも、作業する時には、ぜひ直射日光を浴びながら作業してください! キャリパーも赤くなりますが、腕や首まで赤くなります!
posted by maniacar at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする