2007年07月13日

BMW740 エンスト修理


740.jpg久しぶりの更新です。
今回は、タイトル通りBMW740 エンストについてです。

症状は、信号待ちなどで止まっていると、エンジンがストップしてしまうとの事で、JAFに運ばれて、入庫してきました。レッカーされて来たので、掛からないと思い込み、キーを回してみると、すぐにエンジンが掛かり、吹け上がりも良くエンジンは絶好調でした。

翌日、エンジンを掛け様子を見ていると、エンジンを始動し、15分位してから、症状が現れました。
早速、スキャンテスターをつなぎ、故障コードを読み取って見た所、クランクポジションセンサーの断線とエアフローメーターの数値異常と出てきました。 

一度、記憶されている故障コードをクリアーし、再度エンジンを掛けながら、エンジンデーターを見ていると、表示されている数値には、問題がありませんでした。 が、エンストしたときに、確認すると、信号が出てこないので、クランクポジションセンサー不良と判断し、交換して完了となりました。

今回は、スムーズに事が運んで、楽な修理でした。
いつも、今回のように行けば良いのですが・・・
入庫している車の中には、なかなか悩ませてくれる車が沢山控えています。 がんばらなければ!

posted by maniacar at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする