2014年08月07日

夏期休暇のお知らせ

夏期休暇のお知らせ

弊社では下記の期間、夏期休業とさせて頂きますので、ご案内申し上げます。
休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

夏期休業期間  2014年8月13日(水) 〜 8月17日(日)


※8月18日(月)から平常どおり営業いたします。



posted by maniacar at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

MB W245 Bクラス エアコン修理

今日は、メルセデスベンツ W245 Bクラスのエアコン修理レポートです。

最近、暑くなってきたせいか、ここの所 エアコン修理が物凄い勢いで入庫しています。
大抵は、エンジンルーム内で収まるのですが、この車は違いました。

漏れている箇所は、室内にあるエバポレーターという部品。
この部品は、エアコンユニットをそっくり外さないと交換できないため、
室内 全バラシになってしまいます。

最近の車では、ダッシュボードなどある程度まとめて取り外す事が出来るのですが、
この車の場合、細かく外していかないとダメでした。140607_200312.jpg

やっとの思いで、外した後の室内!  ガラガラです!

140607_200417.jpg

やっとの思いで外したユニットもさらにバラバラにしないと、目的の部品が出てきません…

140607_200447.jpg

こちらが、漏れていたエバポレーター
ちょうど、ホコリが付いている所から、漏れていました。
うっすらと緑掛かっているのが、漏れ検出用の蛍光材です。 最初から入っているのか?
どこかで注入したのかは不明ですが、ちゃんと確認できて良かったです。

さて、しっかり戻さなくては… 







posted by maniacar at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

トヨタ タンドラ オートマ修理

お久しぶりです。

チョット困ったことに…
今、トヨタタンドラのオートマチックトランスミッションをオーバーホールしているのですが
部品が無い… 
国内はもちろん海外にも問い合わせをしているのですが、
どなたか流用できるなど情報お持ちでは無いでしょうか?140602_190623.jpg

必要なのは丸印の部品で、焼きついてしまっているため、中身もそっくり必要です。

アイシン精機に聞いてみた方が早いかな?

もし、知っている方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。
posted by maniacar at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

BMW 116i E85 アイドリング不良修理

今日は、BMW E85 116iの修理レポートです。

アイドリングがばらつき、チェックランプも点灯しているとの事で、車をお預かりいたしました。

よくあるイグニッションコイル不良?と思いながら作業開始!

2番シリンダーが爆発していなかったのですが、点火もしているしプラグも問題なし!

あれ?と思いながら圧縮圧力を測ってみると… 無し…

大事になってしまいました!

早速、ヘッドを下ろしてみると

DVC00893.JPG

こんな状態 バルブを見てみると

DVC00894.JPG

しっかり溶けてしまっています。 
最近、バルブ溶けによる故障が多くなって来た気がしますが、
燃費向上のため燃料は薄く点火時期も高めだからでしょうか?


posted by maniacar at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

GM サバーバン オイル漏れや排気漏れなど

今回は GM サバーバンのレポートです。

低走行の割には、チョット修理する所が多かった!
エンジンからは、オイルパンパッキンからのオイル漏れ!
ミッションからはオイルパンとラインパイプから漏れ漏れ
パワーステアリングはホースやオイルクーラーから漏れ
最後に両方のエキゾーストマニーフォールドからの排気漏れ…

さすがに時間が掛かりました…

しばらく漏れたまま走行していたらしく、下回りはオイルでベトベト!
作業しにくいので、まずは洗浄から! 脱脂材を使ってバッチリ落としてやりました!

下回りからの作業は潜れば楽に出来るのですが、上からの作業は大変でした。

DVC00875.JPG

排気漏れの原因は、止めているボルトの折れ… 道具が入れば折れたボルトも抜けそうでしたが
手がやっと入るくらいのスペースしかなく、断念!
ヘッドごと下ろしての作業になりました。

DVC00873.JPG

DVC00874.JPG

相変わらずデッカイバルブです!
ヘッドごと洗浄液に漬け込んで、清掃しちゃいました!
もう少しカーボンなど簡単に落ちる洗浄剤があれば助かるんだけどなぁ〜

それでも30分ほど漬けておけばかなりキレイになるので助かっていますが…
posted by maniacar at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BMW 760 オイル漏れ修理

今回はBMW 760のオイル漏れレポートです。

パッキンの材質が悪いのか、オイルとの相性なのか、よく漏れてしまうのが
エンジンオイル!

しかもダダ漏れになる事が多いのですが、そんな修理も簡単な時もあれば大変な時もあります。
今回はV12エンジンということもあり、なかなか大変な作業でした!

DVC00870.JPG

いろんな物を外してからの作業になります。

DVC00868.JPG

ここまでくれば、作業は楽チン!
今回は、オルタネーターのブラケットからのオイル漏れでした。

その他にも、異音が出ていたフロントアクティブスタビライザーなど交換して、無事完了しました!
posted by maniacar at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな車をもっと作って欲しい!!

少し前になりますが、業者さんから、部品戻しをお願いされました。
ルノーとだけ聞いていたので、何の車かなぁ〜?と思っていましたが
来てビックリ! 
ルーテシアV6!

昔のルノーサンクターボを思わせるような車でした!

本来、リヤシートがある部分にV6エンジンを載せちゃった、やる気満々の車です!
元々フロントには1.6Lのエンジンが載っているはずですが… 
リヤにはV6 3.0Lのエンジンがドン!と構えていました!

とても整備性が良いとは言えませんが…
これにターボとか付けちゃえばもっと楽しくなりそう!

DVC00874.JPG

DVC00875.JPG

DVC00876.JPG
posted by maniacar at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

年末年始営業のお知らせ

2013年12月28日

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申しあげます。
大変勝手ながら、2013年12月29日(日)から2014年1月5日(日)までを年末年始休業日とさせていただきますので、
ご理解賜りますようお願い申しあげます。
敬具


尚、28日につきましては、16時までの営業とさせていただきます。
休日中に届きましたメールなどは5日以降の返信となりますので、よろしくお願いいたします。

来年もテクノオートサービスをよろしくお願いいたします。

有限会社 テクノオートサービス
取締役 一木 大輔
posted by maniacar at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

VW VW AUDI VCDSコーディング

フォルクスワーゲンやアウディなどのコーディングができるようになりました。
また、クルーズコントロールの追加などのコーディングもOKです。


ニードルスイープ :スイッチON 時にメーターテストさせる 
ラップタイマー  :タイム計測
デイライト    :ライト下のLEDを常時点灯させる
コーナーライト  :ハンドルを一定以上切ると切った方のフォグランプを点灯させる
デイライトスイッチ:サイドブレーキを使用しているときはデイライトOFF
ドアミラークローズ:リモコンでロックしたときにサイドミラーをたたむ

などなど 車種により出来る出来ないはありますが、設定が可能です!

まだまだ色々出来そうなので、常に情報収集しておきます!


posted by maniacar at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

フォルクスワーゲン トゥーラン エンジンチェックランプ点灯修理

フォルクスワーゲン トゥーラン 1.4L エンジンチェックランプ点灯修理のレポートです。

エンジンチェックランプが点灯するとの事で、車をお預かりしました。

早速、診断機にかけてみると、バルブタイミングの異常が入力されていました。

先に、ポジションセンサーを調べて見たのですが、異常が見つからず、一度ばらした形跡もあるので
実際にバルブタイミングがずれているとの判断を下しました。

とりあえずエンジンを下ろし、フロントカバーを開けてみると、やはり一度チェーンなど一通り交換している模様でした。 まずはバルブタイミングを合わせて見ると、やはりズレていました。
これを戻せば、チェックランプは点灯しなくなるのですが、ずれた原因を探さないと、また同じように
故障してしまうので、色々チェックをしてみました。

チェーンは交換してあるようなので、チェーン自体の伸びは無いと仮定して、チェーンテンショナーを全開まで戻してみると、やはりズレてしまいそうな位のチェーンの遊びが過大でした。

そこで、チェーンテンショナーが一定以上戻らないように加工して組み付けて再度、チェーンの遊びを調べてみると、 いい感じ!! 何度か試行錯誤してうまく行きました。

DVC00864.JPG

再度、バルブタイミングを正確に合わせ組み付け完了!
エンジンを載せて、いざ試運転! アイドリングはもちろん加速時やエンジンブレーキ時もテストしてみました。 チェーンの音もせず 無事完了! って事で納車しました。

が、すぐにお客さんより電話が… 止まってしまったと…
あんなに試運転もしたのにナゼ?と思いながらも急いでお客さんの所へ行きエンジンを掛けてみると
掛かった!? とりあえず工場に戻り点検しましたが、その後症状が出ず…
長距離テストを行いました。 するとエンストはしなかったけど、明らかにエンジンの吹けが悪くなり
早速テスターを繋いで調べてみると、燃料圧力センサー異常が故障コードで入力されていました。

早速、センサーを調べてみると、何やら赤い液体がコネクターの中に…
どうも、作業中にクーラントがコネクター部分に入ってしまい、異常を起こしていたみたいです。
完全なる作業ミス! ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

トホホなレポートでした 反省しています。
posted by maniacar at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする